消費者金融のまとめページ

当サイトではキャッシングに関連する情報を個人的にまとめたサイトです。

カードローンの金利について

Posted By on 2014年8月25日

お金を借りる際に、一番気になる点は、金利についてではないでしょうか。
少しでも返済負担を少なくしたいと考えるのは当然のことです。
カードローンの金利は、その取扱会社によってかなりの差があります。
低いところでは5%以下の先もあれば、高いところでは18%程度の先もあります。
最近では、あまり高額の金利をとる会社は、法律によって制限されるようになっています。
カードローンを含む金銭の貸出金利は、以下の法律によって規制されています。
?利息制限法
・元本が10万円未満の場合:年20%
・元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
・元本が100万円以上の場合:年15%
?出資法
・年29.2%
以前は?出資法違反に対する刑罰の規定はありましたが、?利息制限法違反に対しては、明確な罰則規定がありませんでした。
そこで、多くの会社が、?以下?以上の範囲の金利で貸出を行っていました。
いわゆる「グレーゾーン金利」であり、高利の業者が数多く存在していました。
現在では「グレーゾーン金利」は、完全に撤廃されており、払いすぎた利息の返還請求が進むようになりました。
この「過払い金問題」は、社会問題にまで発展し、多くの貸金業者が、支払い負担に耐えかねず、倒産などに陥る結果となっています。
一方、利用者にとっては、高利の貸出が制限されることで、安心して利用できるようになっています。
カードローン借り換え ランキングについても、先のように低金利の商品もあり、顧客サービスの向上も図られています。

主婦のキャッシングは銀行で

Posted By on 2014年7月16日

キャッシングの利用方法として、消費者金融を使ったキャッシングと銀行を使ったキャッシング、クレジットカードについている信販会社のキャッシングがありますが主婦がフリーローンを利用したいときはどこを選べばいいのでしょう。

主婦のキャッシングは兼業主婦なのか専業主婦なのかで利用できるキャッシング会社がちがってきます。
消費者金融は総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内といった制限があり、年収のない専業主婦は個人名で利用できませんが、ご主人の同意を得てご主人の年収から融資を受けるとこができます。
兼業主婦のパート代やアルバイト代は年収と認めてもらえますので個人名で消費者金融のキャッシングが利用できます。

銀行のキャッシングは総量規制の対象外となっているため、年収によって融資額がきめられることはないので兼業主婦はもちろん専業主婦でも審査に通れば融資が受けられます。

主婦のキャッシングが可能な三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」なら専業主婦を対象に融資限度額30万円までの商品や、イオン銀行のカードローンに融資限度額50万円までの商品があり、銀行の審査にとおれば個人名でも利用できます。

専業主婦でも子供の学費や、生活費、近所の付き合いで急な出費や子育てちゅうでパートにも出られない時、一時的なお金が必要になることがありますがそんなときは銀行のカードローンを作っておけばいざという時もあわてずに済みますし、カードローンは会費もかからず利用しなければ金利も必要ないので1枚作っておくのもいいかもしれません。

消費者金融での無利息サービスは様々な種類があります

Posted By on 2014年1月27日

消費者金融アコムのサービス内容は進化していますが、その一つに無利息サービスがあります。このサービスの実施によって、今まで利息に対して抵抗感を持っていた人も借入を行う事ができます。その為に新しい顧客層の獲得に貢献しています。

さらに消費者金融の無利息サービスの内容は、各社によって様々になります。ただし基本的には初回のみに限定される場合が多く、無利息の期間も1週間から1か月くらいになる可能性が大きいです。それでも利息の負担額は大幅に減少します。

また一定の条件を満たす事で、初回だけでなく何回も無利息サービスを利用できる消費者金融もあります。中にはポイントサービスに加入すれば、再び利息が不要になるチャンスを得られる事もあります。或いは1週間限定が条件になる消費者金融もあります。

このように消費者金融の無利息サービスの内容は多様化していますので、各人のニーズに合わせて柔軟な選択が可能です。特に実際の活用方法については事前にインターネット等で情報収集すると、一層効果的な利用をする事ができます。