消費者金融のまとめページ

当サイトではキャッシングに関連する情報を個人的にまとめたサイトです。

学生のクレジットを使ったキャッシング

Posted By on 2015年4月2日

キャッシングは急にお金が必要になったとき、いつでも借りられるので便利なアイテムですが、キャッシングが利用できるのは年齢が20歳以上となっているので高校を出てすぐに社会人となったひとや、大学に入ったばかりの学生はノーローン 返済や銀行カードローンの申込はできませんが、もうひとつの方法としてクレジットカードを利用する方法があります。
クレジットカードの発行をしてもらえる年齢は、18歳〜65歳くらいの人が対象となり、キャッシングと違ってクレジットカード会社は18歳でも申込みをすればカードの発行を可能としているところが多くあります。
学生向けや学生専用クレジットカードを発行しているところもあるのでそのようなクレジットカードを申込んでみるのもよいでしょう。
クレジットカードはショッピング機能とキャッシング機能の両方が使えるので、一時的にお金が必要になったときはキャッシング機能の利用ができますが、親からキャッシング枠を0(ゼロ)にしてほしいという要望があればキャッシング枠はつけられません。
未成年の場合は必ず親の同意が必要で、その場合は本人と親権者も審査の対象となり、親権者の同意はクレジットカードの申込み時に、親権者の名前や連絡先等を記入すれば後日クレジットカード会社から親権者宛に電話などで確認の連絡が行われ同意が求められます。
クレジットカード会社が未成年者と契約し発行するときは、親権者の同意が得られない場合はクレジットカードの発行はされません。

キャッシングは低金利の会社がお得です!

Posted By on 2015年2月20日

やっぱり、お金を借りるなら、とても便利なキャッシング!ですよね。さて、このキャッシングについてですが、現在の日本には星の数ほど存在していると言われる、多くの消費者金融の中から、皆さんなら、何を基準に選びますか?
やはり、多くの人が選ぶのが低金利の会社ではないでしょうか。金利が低いところを選択すれば、それだけ返済の時に、少ない利息負担が見込めますよね。どうせ払わなくてはならないものなら、なるべく少ないほうが嬉しいですものね。
逆に、金利の高いところを選ぶと、返済額が何万円と変わってくきます。返済期間が長ければ長いほど、利子は高くなっていきます。ですから、消費者金融を選択する際には、なるべく低金利の会社を選択することをお勧めします。

とはいえ、昨今では、以前と比較すると、金利はどこもかなり低い設定になっています。大手の消費者金融でも、金利が4.7%〜18.0%などと、銀行カードローン並みの低さになっています。
各会社ごと、設定している金利に多少の差はあります。しかし、法律により、消費者保護の観点から上限金利を超えた金利を設定した場合には刑事罰が課せられることになったのです。従って、現在ではキャッシング会社各社で上限金利の設定は18%がほとんどです。
消費者金融の多くは上限金利を18.0%に設定はしていますが、会社によっては上限金利をさらに低く設定しているところもあります。 ですので、各会社のキャッシング 審査が通らないサービスを事前によく調べた上でお金を借りる会社を決めることが大切だと言えます。

お金を借りるならどこから借りますか?

Posted By on 2015年2月13日

明日までに、まとまったお金を用意しなくてはならなくなりました。
さあ、お金を借りるなら、あなたはどこからお金を借りますか?
最初に思い浮かぶのは、身内ではないかと思います。身内に借りれば、利子も返済期日もないはずですよね。でも、親にも兄弟にも頼ることができない人もいるでしょう。また、友達の中にも、人にお金を貸すことができるような余裕もないのではないかと思います。
となれば、考えられるのは、一般の金融機関です。しかし、一般から借りるとなると必ず利子が付きます。できれば利子が安い方がいいですよね。それなら銀行から借りるのがおすすめです。
ですが、銀行からお金を借りるためには厳しい審査に通らなければなりません。審査の甘さでいえば、消費者金融の方が良いといえます。しかも、審査のスピードが非常に速いので、急いでお金を用意する必要があるなら、消費者金融の方が断然便利です。
このように、銀行と消費者金融には、それぞれにメリットとデメリットがあります。従って、利用する際には、よくリサーチしたほうがよいでしょう。
現代の日本には、数え切れないほど多くの、金融機関が存在しています。自分がもし、お金を借りるなら、どんなところがいいかを考えた上で、いろいろ調べてみると、自分になったサービス機関がきっと見つかるはずです。正しい知識と、適切な判断で利用すれば、本来は非常に便利なサービスがたくさんあます。是非有意義に利用し、快適なマネーライフを送りましょう。>>銀行からお金を借りる方法

プロミスの支払い方法はどうやるの?

Posted By on 2015年1月19日

キャッシングを始めたけど金利のことばかり気になっていて、返済時の手数料のことまで考えていなかったという人は少なからずおられますが、振込手数料は1万円以下は105円、1万超えになると210円が必要になるので、返済が長期になる場合、返済回数がかさみますので返済のたびに手数料を払っていたらバカになりません。
プロミスの支払い方法には、プロミスATM、口フリ(口座振替)、提携ATM、インターネットからの返済とありますが、かしこく使うには手数料無料で返済出来る方法があります。
プロミスATM、三井住友銀行のATM、口フリ(口座振替)、銀行口座振替、コンビニではローソン、ミニストップに設置されているLoppiとファミリーマートのfamiポートからの返済が手数料無料で使えますが、店頭窓口や銀行ATMの場合営業時間が限られていますのでコンビニATMからの返済が便利ではないでしょうか。
なかでも一番便利でお得なのはインターネット返済で、インターネットに接続できる環境があればパソコンやスマホを使って24時間振込が可能です。
振込方法は前もって三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行などのどれかに口座を開設し、ネット銀行からの振込を利用すれば時間を気にせず手数料もかからずお得になりますし、口座振替にすると、毎月の返済金額が自動で引き落とされますので、うっかり忘れることはないですし、計画的に返済していけるでしょう。
プロミス 体験談

消費者金融はニートでも借り入れできるのか

Posted By on 2015年1月17日

消費者金融でお金を借りるのは、お金に困っている人です。お金に困っている人にも様々なタイプがあり、仕事をしていて毎月給料をもらっているが生活費を支払うのに精一杯で、急に大きなお金が必要になった時に消費者金融に頼らざるを得なくなる場合があります。また、自分のお小遣いのために少しだけ借り入れる人もいます。
では、そもそも収入がなくてお金に困っているニートは消費者金融を利用できるのでしょうか?ニートとは、就学・就業・職業訓練のいずれもしていない人のことです。収入が全くないわけですから、当然借り入れをすることはできません。なぜなら消費者金融の審査基準には、安定した収入があるかどうかが含まれているからです。
正社員ではなくても、パートやアルバイトで毎月安定した収入があれば借り入れをすることができます。しかし、ニートの場合は収入がないので借りたお金を返済できるアテがありません。貸したお金を返してくれるかどうか分からない相手にお金を貸すほど消費者金融は甘くありません。
また、消費者金融には総量規制が課せられていて、個人の年収の3分の1を超える額を貸し付けてはいけないという規則があります。そのため、申し込みの際には個人の年収が分かる書類を提出することが求められます。つまり、収入が全くないと審査ができないので借り入れることはできません。
消費者金融でお金を借りるためには、まず安定した収入を確保することが大切です。また、勤続年数が長ければ長いほど審査の際に有利になる可能性が高いということも覚えておきましょう。:消費者金融 審査 が厳しいとお悩みの方へ

消費者金融に給料の金額を伝えなくてはいけないの?

Posted By on 2014年11月29日

クレジットカードや消費者金融に詳しい方であれば、ご存知の方も多いと思いますが、総量規制ってご存知ですか?
実は私もあまり詳しくないのですが、先日もこの法律により、年収の確認が必要ですと、クレジットカード会社から、問い合わせが来たことがあります。(突然やってきたのでびっくりしましたが、カードの限度額を引き上げたいのであれば、お知らせください、との内容でした。)
この制度は、貸金業法による法律によって定められています。
因みに、消費者金融は総量規制の対象です。この制度は、簡単に言うと、年収、つまり給料の年間合計額の3分の1以上の借金はダメだと、決められている制度のことです。
これにより、主婦の方は、消費者金融からの借入ができなくなったといわれています。しかし、この法律にも、除外や例外が存在するようですので、詳しくは弁護士などに相談して確認してみるとよいでしょう。
また、銀行系のカードローンなどはこの対象にはならないとも言われます。このような理由から、主婦の方でもお金を借りることができる仕組みになっています。
そもそも、この規制の目的は、むやみにお金を借りて、返済に困るようなことにならないようにという意図もあるのではないでしょうか。お金に困り、あちこちで、お金を借りまくり、挙句に利子だけでも莫大な額になってしまい、気がつけば、自己破産をするしかない、なんて結末は、誰だってご免です。こんな制度がなくても、お金を借りるにも、限度があるということを忘れてはならないのかもしれませんね。

カードローンの無利息期間を利用する

Posted By on 2014年10月30日

キャッシング会社は顧客へのサービスとして、さまざまなサービスをおこなっていますが、なかでも初回の利用時にのみ無利息期間を設け、決められた間の利用は金利負担がないというサービスをおこなっています。
無利息期間は銀行カードローンの一部で実施しているところがあり、「ジャパンネット銀行」はキャンペーンとして2014年1月14日〜6月30日のあいだに申込むと初回利用時に100日間の無利息期間のサービスを行っています。
たとえば10万円を初回利用したとして、最長3カ月以内に返済すればその間の金利が不要で、借入をしたお金だけを返せばよく、その後の利用は通常の金利がかかってくるというサービスです。
銀行カードローンの新生銀行「レイク」の無利息期間は、180日と30日の2種類の無利息期間があり、どちらかひとつが利用でき、5万円以下の部分については180日間の無利息期間と200万円以下の借入については30日間無利息で利用できます。
キャッシングは一度申込をすると解約するまで契約が続くので、、契約したけれど近くに利用できる提携コンビニATMがなかったとか、増額したくてもむつかしいとか、返済中の相談もしにくいなど、利用中のサービスも検討することが必要で、利用したいと思う即日融資キャッシング会社が複数あり、サービス面や金利面をみてもほとんど変わらないといったときに無利息期間はないよりあった方がよいといった程度に考え、無利息期間の有無でキャッシング会社をえらぶのはあまりおすすめできません。

キャッシングを魅力的にするためには短い借り入れだけに集中すること

Posted By on 2014年10月24日

消費者金融をどこにするのかせっかく決めたのですから、今すぐお金借りれる消費者金融の使い方も考えていかなくてはなりません。
長期の返済に向いているのではありません。
消費者金融は短期返済だけに向いているキャッシングです。
金利が高くてもスピードがあることが魅力であると考えて利用しましょう。
それでは短期というのがどのくらいの期間になるのか考えていきましょう。
安心できる一番のポイントは1回で返済ができるということです。
返済回数が長くなればそれだけ先の見通しをつけることができないばかりか利息を増やしてしまうという結果になります。
1回で完済ができる金額だけを借り入れることを条件とできればいいのですが、そうはいかないこともあるでしょう。
長くても3回で完済すること、それを目安にしておきましょう。
それ以上の回数になるのであれば利息は大きな負担としてのしかかってきます。
その時には高金利の消費者金融ではなく低金利の銀行での借り入れを検討した方が得策というものです。
同じ金額を借り入れたとしても日割り計算になる利息は返済するまでの日数によって変わってきます。
3万円借り入れても1ヶ月で完済ができたときと3、000円ずつ10回に分けたときでは全く利息の金額が変わってきます。
利息だけではありません。
それに伴って返済に関わる手数料もかさんできます。
利息は借り入れ金額によって、そして借入期間によって変動が大きくなります。
短期間中に完済ができるなら消費者金融の借り入れはスピードもあり魅力的となっています。

即日融資可能なカードローンの選び方〜借入金額〜

Posted By on 2014年10月24日

即日融資可能なカードローンを作りたい!という場合、即日キャッシング審査が緩やかで申込みからカード発行までの時間が早い!といわれている消費者金融を優先して選び申し込みされる方が多いようです。しかし、借入金額によっては総量規制の関係で消費者金融での借入が不可能ということもありますので注意が必要です。
カードローンを一度も利用したことのない方が、数万円、もしくは20、30万円すぐに必要になった!なんて時には特に問題ないはずです。しかし、総量規制の関係で消費者金融から借りられるのは年収の1/3までと決まっているので、それを超えるようであれば、消費者金融からの借入は諦めるしかありません。
例えば年収300万円の方であれば消費者金融から借りることが出来るのは最高で100万円までということになります。ですから、即日融資を受けたいと思う金額が100万円以上である場合、消費者金融からの借入は「無理」ということになります。もちろん、借入目的などにより一部例外となる場合もありますが、生活費の補填や交際費のために借りたい!と申込んでも否決されてしまいます。
ではどうすれば良いのか?そんな声が聞こえてきそうですが、年収の1/3以上の借入を希望する場合は、銀行が発行する即日融資可能なカードローンを検討するのがいいでしょう。ちなみに、即日融資可能な銀行カードローンも色々とあるので、申込み方法や返済方法を比較検討しニーズに合ったカードローンに申し込みをすることをオススメします。

消費者金融でおなじみのアコムとはどんな業者か

Posted By on 2014年10月14日

テレビCMなどでおなじみのアコムとは、どんな会社なのでしょうか。アコムは正式にはアコム株式会社という名称で、三菱UFJフィナンシャル・グループに属する日本の貸し金業者です。アコムは、カード発行や変更契約などを無人で行なえる自動契約機(通称むじんくん)を初めて開発した会社です。最短で即日に融資が可能になるため、急にお金が必要になった時にスピーディーに対応できるというメリットがあり、多くの顧客が利用しています。アコムは、キャッシング・カードローン・クレジットカードなど様々なサービスを提供しています。
アコムカードとは、都合に合わせて1万円から500万円の範囲内で繰り返し利用できるキャッシング専用のカードです。20歳から69歳までの安定した収入と返済能力が有り、アコム株式会社の消費者金融審査基準を満たしていれば申し込みが可能です。担保や連帯保証人は必要ありません。
借り入れは、振込による借り入れと、カードまたは店頭での借り入れのふたつの方法から選ぶことができます。振込による借り入れの場合は、インターネットや電話で、土・日・祝日関係なく、24時間いつでも申し込むことができ、楽天銀行に口座を持っていれば最短1分で振込が完了します。手数料はかかりません。
カードまたは店頭での借り入れの場合は、全国の店頭窓口やATMむじんくん、コンビニなどの中から一番都合の良い場所を選んで申し込みができます。店頭窓口では担当者が相談に乗ってくれるので、不明な点や心配な点がある場合に利用すると良いかもしれません。むじんくんではタッチパネルを操作するだけで簡単に申し込むことができます。